ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますが一般的には多目的ローンや目的別ローンといった形で対応することが多いようです。
クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、式場と提携している場合が多く、指定の式場で挙式をあげることが融資条件となっていることが多いです。
銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0から15.9%ですので、高いのは否めません。
金利面から見ると銀行のブライダルローンのほうが魅力的ですがクレジット会社の中にも銀行同様に低金利なものもあります。
ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。
楽天銀行には目的型ローンでブライダルローンを提供しており楽天会員や楽天銀行に口座がある人ならば簡単にオンラインで手続きができます。
金利は固定で年7.0%、借入可能金額は最大300万円、返済額は月々1万円からOKです。
楽天銀行からローンを組む際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。
つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪などこだわればこだわった分大金が必要になります。
お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用など式以外にも百万程度はかかることが考えられます。
ブライダルローンは多額の資金を低い金利で融資してくれるわけですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。
審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。
また、プロミスのブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。
ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に落ちてしまったらお金は借りられません。
ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査となります。
ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴を挙げると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。
また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、複数から借り入れがある人は要注意です。
今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。
みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚式や新婚旅行にも使えるみずほ銀行多目的ローンがあります。
最長返済期間が7年、最大融資金額が300万円までとなっておりますが無担保ローンの借入残高が前年度の税込年収の50%以内でなければローンを組めません。
固定金利は年6.700%なのですがさらに低金利である変動金利にすることもできます。
また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上で前年度税込年収(個人事業主の場合は申告所得)が200万円以上となっています。
ブライダルローンを組む時の必要書類は本人確認書類や収入証明書などです。
勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務証明書が必須というところもあるようです。
ブライダルローンは目的別ローンといって、使途が限られているローンなので結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。
すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがあります。
ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。
ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。
家を購入することになれば、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。
住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2割から3割あるのが理想的です。
つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。
そこでブライダルローンの登場です。
ブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利で無理のない資金調達をすることができるのです。
銀行が提供するプロミスのブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンや医療ローンのように使途を限定したサービスになっています。
使途を結婚式に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。
一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道に制限されないフリーローンになります。
気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。
又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、消費者金融のカードローンだと、初回の借入額は数十万円が限界です。
ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングローンに変わりないので返済期間が長引くほど利息は多くなります。
月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。
従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますのでなるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。
もし、ブライダルローンの借入総額が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。
ご祝儀総額が一括返済に足りないときは返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。
ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。
まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。
貸出金利についても大きく異なり、プロミスのブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。
申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。
一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンのお得な情報ならココ!ブライダル資金を無利息で融資してくれるって本当?
プロミスで、素早く資金を調達する方法をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!

詳しくはこちらからご参照下さい。
ブライダルローンはプロミスがおすすめ?【審査基準厳しい?】

関連記事


    例えばお給料日前なのに飲み会に誘われてしまったり、またデートの予定が入ってしまったらとても困ってしまいますよね。 沢山借りる必要はないのだけれど数万円欲しいとなって場合、カードローンを利用すると便利…


    経験するとわかるのですが、審査基準に多かれ少なかれ差が見られるようです。 これまでに自分自身が借り入れの申し込みをしてみて、審査が手緩いと感じた消費者金融をランキング順に並べましたので、閲覧していただ…


    当然のことですが、専業主婦カードローンの審査では勤務形態が重視されます。 しかし、会社員の人と比べると、自営業者ではほとんどの専業主婦カードローンサービスで、審査が厳しくなる傾向にあります。 専業主婦…


    カードローンというと、その名前からカードがなければローンできないのではないか、と誤解されてしまいますが、カードがなくても振込入金を利用して融資を受けることも可能です。   なので、初めての…