美容商品て毎年次から次えと新しい商品が出てきますけど、今回またすごい商品が登場しました。
その名はマルラオイルです。
最近になりよく雑誌などで特集も組まれていることから名前を聞いたことがある人もいるかと思います。
マルラオイルは、肌質や、年齢、使用目的等を問わず使える上、アンチエイジング目的だけではなくヘアケアにも使えますし、
ネイルケア、ハンドケア…ほんと様々な使い勝手がありその目的を問いません。そんなことから今女性を中心にとんでもない支持を得ている美容オイルになるのです。

商品を見てみますととても小さな瓶に入っていますので量の割にはお値段が高く感じてしまいますが、使う量もほんとに1回あたりに2滴や3滴程度なので実はコスパがとても良い商品だと思いました。
しかもそのオイルが伸びが良く十分な浸透力があるので本当に持ちも良く経済的なオイルだとも思います。

そんなマルラオイルですが、それと同じく人気のあるアルガンオイルと言うものがありますよね。
アルガンオイルもなんだか似たようなオイルな感じがしますけどその違いはなんなのでしょうか?
アルガンオイルはちょっと前から人気がありもう既にその人気は定着していますよね。そこでアルガンオイルの特徴とマルラオイルの特徴をまとめてみました。

■アルガンオイル■

アルガンオイルとは主にアフリカ大陸のモロッコ南西部のサハラ砂漠にしか生息しないアルガンツリーの果実の種子から抽出したオイルになります。
ただでさえ砂漠地帯なのにそこに入っている数少ない木ですので、その希少性がわかると思います。そんなアルガンオイルは地元モロッコでは「万能オイル」、「モロッコの黄金」などと呼ばれているのです。
万能オイルと言われるほどですのでとにかく配合されている成分がすごいです。
特にビタミンEが豊富で、抗酸化力はオリーブオイルの約3~4倍もあるのです。効果といたしましては特にに肌の老化防止の効果が高く、主にエイジングケアオイルとして使われており人気のあるオイルです。またオイルでありながら、サラッとしていてますのでベタつかない使用感も人気の理由です。

■マルラオイル■

マルラオイルはアルガンオイルと同じくアフリカ大陸から取れるオイルです。
アルガンと違いアフリカ大陸でも1番南の南アフリカで取れるオイルで環境がとても厳しく1年を通じて乾燥と紫外線がきついエリアです。
そんな厳しい環境で育ったマルラの木の実から抽出したオイルがマルラオイルです。
アルガンオイル同様こちらのオイルも、極わずかしか採れない大変希少な美容オイルであることから地元では「最高峰のオイル」「神の木のオイル」「次のアルガンオイル」などと呼ばれてます。

特徴の1つとしてとても美容に良い成分がたくさん入っているオイルです。
特にビタミンEが豊富に含んでおり、抗酸化力はオリーブオイルの約10倍もあるのです。
また、アルガンオイルと同じで、肌の老化防止の効果が極めて高く、主にエイジングケアオイルとして使われています。サラサラとしていてベタつかない使用感もアルガンオイル共通の特徴です。
マルラオイルは、アトピー性皮膚炎やアレルギー肌による赤みやかゆみにもアプローチできるとして人気のオイルです。

このようにアルガンオイルとマルラオイルを比べてみても対して効果や効能、使用感は違いがありませんね。
ただ1つ違いがあると言えばマルラオイルの方が抗酸化力が少し高い感じですね。
アルガンオイルもマルラオイルもともに優れた美容オイルでありともに貴重なお昼でもある店から今海外セレブを中心にとても人気のある商品です。
実際に利用してみた人の口コミを見ても評価が高く満足度の高いオイルだと言えるでしょう。

VIRCHE マルラオイルについて、私が参考にしたのはここです⇒VIRCHE マルラオイル

関連記事